m点

★当店イチオシ★ 初夏キャベツの決定版! 「ときめき」&「初恋」

21.10.05

季節はいよいよ秋本番、これから春・初夏どりに向けたキャベツの播種を考えている農家様へ!

 

 

是非ともオススメしたい当店イチオシの初夏どりキャベツ品種、

 

「ときめき」と「初恋」をご紹介させていただきます!

 

 

★ときめき★

●11月上旬~12月中旬播きで、5月上旬~中旬どりに適した初夏どりキャベツ品種。(東三河標準)

●玉の形状が良く、重量のりが良い品種。

●黒腐病に強く、各種の微量要素欠乏症に高い耐性がある。

●肥大性が良く、揃った収穫が見込める。

●球色は鮮緑色で、アントシアンの発生が少ない。

 

後述の「初恋」よりも早く播くことができるため、10日~14日ほど早い収穫が可能になります。

また、「ときめき」はより低温期向きの品種なので、低温による脇芽の発生や締まりの低下が発生しにくいです。

 

 

★初恋★

●12月下旬~2月下旬播きで、5月下旬~6月どりに適した初夏キャベツ品種。(東三河標準)

●扁平球で、球揃いが非常に良いため、一斉収穫ができる。

●裂球が極めて遅く、在圃性が良い。

●萎黄病、黒腐病、腐敗系の病気に強い。

●食味は歯切れが良く、生食にも最適。

 

「初恋」は、早生品種ですが裂球が極めて遅く在圃性に優れます。

歯切れが良く甘みがあり、食味良好です。

 

 

 

※※※※※ 注 意 ※※※※※

 

初夏どりキャベツは、「過度な早播き」に注意が必要です!

 

東三河における各品種の播種は、

「ときめき」……11月15日以降

「初恋」…………12月25日以降

を推奨しております。

 

早播きしすぎると、↑のような “ブカ玉” や “尖り玉” の原因になります。

 

 

詳細は↓の資料をご覧ください。

(クリックすると見やすいPDFが開きます。)

 

 

秋播きキャベツ品種の候補として、ぜひ「ときめき」「初恋」をご検討ください!

y[W㕔