商品紹介

桃かぶ

特徴

秋まき50〜55日で、根径の8cmの中蕪として収穫できます。以後、日をおくとさらに肥大し、10〜12cmの中大蕪となります。
葉は長さ60cmに伸び、茎は淡い緑で薄く紅色が入り、根部外皮は赤く、内部は白地に少し紅がさします。
肉質はやわらかく、サラダ、三杯酢、浅漬けなどに最適です。
甘みの特に強い中蕪のうちに若穫りするのが良いですが、長く畑においても多汁質でス入りは遅く、やわらかさは変わりません。
葉の裏に出る白サビ病にはたいへん強く、根こぶ病にもかなり強いです。

y[W㕔